公演情報 | かりゆし芸能公演

太陽の花(てぃーだのはな)

2022.6.3(金)

太陽の花(てぃーだのはな)

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

2022/5/25 チケットが予定枚数に達したため、窓口、WEBともに販売を終了しました 団体名:沖縄歌舞劇団 美 歌舞団の代表作、舞踊劇「太陽の花」は舞踊と音楽で琉球王国時代の庶民の生活を表現した演目です。県外海外でも評価され、子供から大人までわくわく楽しめる作品です。

第二回 舞謡(まいうた)

2022.7.15(金)

第二回 舞謡(まいうた)

国立劇場おきなわ公演 三線等音楽

団体名:舞謡実行委員会ひとり謡×ひとり舞のシンプルな構成で、古典音楽と琉球舞踊を堪能できる公演です。パンフレットによる演目のくわしい解説つきで、初めての方にも楽しめる公演です。

うちするてぃ遊ば

2022.7.22(金)

うちするてぃ遊ば

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

団体名:大宜味一心クガニ―芸能協会当会は、大宜味村出身に関わりのある会員で組織されており、初のかりゆし芸能公演に張り切っております。コロナ禍の中、それぞれの練場での持ち味を活かした舞台となっています。

新館落成に花を添えて(1周年)時代明朗歌劇「染屋の恋唄」

2022.8.21(日)

新館落成に花を添えて(1周年)時代明朗歌劇「染屋の恋唄」

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

団体名:一般社団法人沖縄俳優協会withコロナの時代を明るく照らす笑顔いっぱいの若手が中心となって時代明朗歌劇「染屋の恋唄」を上演します。ほのぼのと明るい気分になっていただけたら幸いです。

第1回高校生選抜 かりゆし芸能公演

2022.8.21(日)

第1回高校生選抜 かりゆし芸能公演

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公益財団法人沖縄県文化振興会は、若手実演家の育成を主な目的として"かりゆし芸能公演"を実施しています。 今回新たな試みとして、 沖縄県高校生郷土芸能ソロコンテストで入賞した高校生たちが出演する『第1回 高校生選抜かりゆし芸能公演』を上演します。 入賞した高校生のはつらつとした演舞・演奏に加え、賛助

組踊発表会「柳糸(りゅうし)2」

2022.9.3(土) →11(日)

組踊発表会「柳糸(りゅうし)2」

子ども×伝統芸能公演 組踊

2022/6/29 公演日と場所が変更となりました 団体名:真境名本流 真境名律弘組踊会2019年に初舞台を踏んだ子どもたちが、今回は「執心鐘入」と「二童敵討」に大人の会員と一緒に挑戦します。将来を担う新進気鋭の子ども達の姿をご堪能ください。

つむぐ

2022.9.23(金・祝)

つむぐ

子ども×伝統芸能公演 琉球舞踊

団体名:玉城流 踊ぃ飛琉 ~うどぅいはる~ 宮城恵子琉舞道場優雅な古典踊り、雑踊りの奥深さ、創作舞踊のきらびやかさを、幼児、小学生、中学生、高校生、教師による、層の厚い門下生の踊りをご覧いただきます。

時代人情歌劇「乱菊」

2022.10.22(土)

時代人情歌劇「乱菊」

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

団体名:劇団うびらじ沖縄の肝心が満載の沖縄芝居に若い世代が挑戦します。軽快な曲を盛り込んだ創作舞踊等、初めて御覧になられる方にも楽しんで頂ける舞台構成となっております。

守良芸の継承 ~うどてぃうみかきやびら~

2022.10.28(金)

守良芸の継承 ~うどてぃうみかきやびら~

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

団体名:渡嘉敷本流 守藝の會渡嘉敷本流にしかない演目や、創作の空手舞踊もあり、力強い構成となっております。守良の作品の中から「あかまたー」の一部を演じます。多くの方々に観ていただければと思います。

喜びの宴

2022.11.4(金)

喜びの宴

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

団体名:玉城流喜納の会今回は若手・中堅を中心としたメンバーでお届けする公演となっております。古典から雑踊まで楽しめる公演となっておりますので、ぜひ劇場まで足をお運びください。

飛輪の舞

2022.11.18(金)

飛輪の舞

国立劇場おきなわ公演 組踊

団体名:男性舞踊家「飛輪の会」 当会は、沖縄タイムス芸術選賞・舞踊受賞者(男性)で組織しており、流会派を超え芸能の継承・発展のために活動しています。男性舞踊家ならではの舞をお楽しみください。