かりゆし芸能公演とは | かりゆし芸能公演

かりゆし芸能公演とは

かりゆし芸能公演は、県民及び観光客に伝統芸能の鑑賞機会を提供するほか、
若手実演家の育成や、次世代を担う子どもたちが沖縄の伝統芸能に触れる機会を創出することを目的として、
琉球舞踊、組踊、三線等音楽、沖縄芝居等を幅広く実施します。
それぞれの分野で日々研鑽し、芸能文化の更なる発展に邁進している実演家たちの舞台をお楽しみください。

公演区分

令和元年度より、従来の国立劇場おきなわでの公演に加え、
県内各地(離島含む)で実施する公演や、子ども達が伝統芸能に触れる機会の創出を目的とした公演など、
3つの公演区分で実施します。

国立劇場おきなわ公演

国立劇場おきなわ公演

若手実演家の育成を図ることを目的に、沖縄の伝統芸能の殿堂である国立劇場おきなわ(小劇場)で行う公演です。伝統芸能の保存振興に寄与する国立劇場での鑑賞をお楽しみください。

NEW

移動かりゆし芸能公演

移動かりゆし芸能公演

若手実演家の育成を図ることを目的に、県内各地で実施する公演です。各地域で活躍する実演家による地元での公演や、伝統芸能に触れる機会の少ない地域での公演等、鑑賞機会の創出を図ります。

NEW

子ども×伝統芸能公演

子ども×伝統芸能公演

次世代を担う子ども達が沖縄の伝統芸能に触れる機会を創出することを目的に、県内各地で実施する公演です。子ども達が伝統芸能に親しむことのできる取り組みを行うことで、理解促進・参加促進を図ります。未来のスター誕生にもご期待ください。

伝統芸能の紹介

それぞれの分野で日々研鑽し、
芸能文化の更なる発展に邁進している実演家たちの舞台をお楽しみください。

琉球舞踊

琉球舞踊RYUKYU BUYO

宮廷で踊られた古典舞踊から、
現代につながる創作舞踊まで多彩な舞の数々

琉球舞踊は、琉球王朝時代に宮廷で来客をもてなすために生まれた古典女踊りや二才踊りなどの「古典舞踊」、明治時代以降に庶民の暮らしを描いた「雑踊」、現代に創られた「創作舞踊」があります。
踊りは人々の気持ちや日常の風景を表現するもので、美しい衣装や小道具、そして所作にこめられた雅やかな琉球舞踊の世界をご覧ください。

組踊

組踊KUMIODORI

初演から今年で300年。
ユネスコ「無形文化遺産」に登録された、沖縄の誇り

組踊は、せりふ・音楽・舞踊(所作)によって構成される歌舞劇です。1719年、中国皇帝の使者である冊封使を歓待するため、首里王府の踊奉行であった玉城朝薫により創作・上演されました。
2010年には、ユネスコの「人類の無形文化遺産の代表的な一覧」に記載されました。また本年は、初演から300年の節目を迎え、重要無形文化財保持者や伝承者等により国内外で様々な事業が展開されています。

沖縄芝居

沖縄芝居OKINAWA SHIBAI

うつりゆく時代の中で、
何度観ても沖縄の心を感じることの出来る名作たち

沖縄芝居は、明治以降に庶民の娯楽として広まり親しまれてきました。人情劇や喜劇、歌や踊りを取り入れた歌舞劇など、バラエティあふれる内容で、現在でも熱烈なファンによって支えられ上演されています。方言(うちなーぐち)の保存、継承にも大きな役割を担っています。

三線等音楽

三線等音楽SANSHIN

琉球を感じさせ、
歌や踊りに命を吹き込む音色の響き

三線・琉球箏・笛・太鼓・胡弓は琉球芸能において欠かせない楽器です。
独特の旋律と発声法により、琉球音楽の世界は時に哀切感あふれる内向的なものから、心楽しくテンポの良いリズムで歌い奏でる即興的なものまで、実に多様な音楽です。
琉球舞踊や組踊などに欠かすことの出来ない地謡の音楽や、歌三線や筝曲での独唱、斉唱、合奏が奏でる音楽をお楽しみください。

八重山舞踊

八重山舞踊YAEYAMA BUYO

八重山諸島で受け継がれる、
生活に密着した舞踊が魅せる八重山の心

八重山舞踊は、琉球舞踊の影響を受けながら生まれた独特の舞踊です。祭祀・農耕儀礼などで祈りと感謝を捧げる奉納舞踊や、農作業や娯楽など日々の生活の場面を切り取った踊りなど、琉球舞踊との共通点・相違点を見つけながらお楽しみください。

沖縄民俗芸能

沖縄民俗芸能OKINAWA
MINZOKUGEINOU

一つとして同じものはない、
各島々に伝わる多彩な芸能

沖縄では1年を通して多くの年中行事や祭りがあり、各地域で様々な民俗芸能が演じられています。
代表的なものに、旧暦のお盆に踊られる念仏踊りである「エイサー」や、青年男子が勇ましく踊る「棒術」、邪悪を祓う「獅子舞」などがあります。各地域での歌や踊りは舞台芸能とは異なる生命力に溢れ、生活の中に根強く受け継がれています。