OKINAWA ARTS COUNCIL

メールニュースニュース登録

採択事業紹介 SUPPORT PROJECTS

令和2年度(2020年度)採択事業

令和2年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業(一般)

(1) 文化芸術活動の継続・強化に向けた運営上の課題解決を図る取り組み

    • 一般社団法人与那国フォーラム

      「シティブディ復活に向けた、与那国島の祭事と芸能を受け継ぐ「場」づくり事業」

      現在、継承が危ぶまれている祭事「シティブディ」の復活に向け、組踊に必要な地謡の曲や狂言について、与那国島内外在住の経験者による教習を行う他、郷友会員を対象に舞踊の講習会を実施し、与那国芸能の継承をめざす。

      採択年度:令和2年度

    • 一般社団法人すでぃる

      「平和と鎮魂」をテーマとするネットワーク型国際芸術祭へ向けたアーティスト交流事業」

      沖縄県内のアーティストが韓国及び台湾からの参加者と交流を深め、那覇市民ギャラリーや佐喜眞美術館をはじめとする県内各地で、「平和と鎮魂」をテーマとする沖縄アジア国際平和芸術祭を展開する。

      採択年度:平成30年度、平成31年度、令和2年度

    • Art Initiative Okinawa (AIO)

      「アートセンター設立に向けて県内、国内外ネットワーク構築、人材育成及び交流事業」

      アートを通して、沖縄と世界が繋がる「ネットワーク」の形成をめざす。オンライン/オフラインのプラットフォームを構築し、対話やアートプロジェクトの実践などの取り組みを通して若手育成の機会も作る。

      採択年度:令和2年度

    • 沖縄出版協会

      「沖縄出版文化の県外及びアジアでの交流・連携ネットワークの構築事業」

      沖縄出版界が担ってきた歴史的・社会的意義を継承・発展させるべく、若手出版人の育成に取り組むとともに、電子ブックなど新たな流通策を模索。また、「おきなわ本フェア」の開催など、沖縄出版界の基礎を固める。

      採択年度:令和2年度

    • 一般社団法人沖縄県芸能関連協議会

      「沖縄県内で活動する芸能実演家とスタッフの活動実態調査」

      アーツマネジメントのスキル・経験を有する専門家や、芸能・文化振興に関する知見・視座を有する専門家の助力を得て、県内の芸能実演家とスタッフを対象としたアンケート調査を行い、経済的基盤の問題を可視化する。

      採択年度:令和2年度

    • 特定非営利活動法人ハマスーキ

      「沖縄の海人文化の保存・継承活動を核にしたまちづくり事業を持続的に発展させるための組織強化事業」

      海人文化の普及をめざし、講話や体験プログラムの向上及び広報、収益に繋がる仕組みづくりやネットワークの形成を行う。中学校との連携やインターンシップ制度、ボランティアを通して新たな人材育成の場をつくる。

      採択年度:平成31年度、令和2年度

(2) 文化芸術の享受者の拡大に資する魅力的な創造発信を行う取り組み

    • AKNプロジェクト

      「沖縄発の戯曲作品の活用を通して、沖縄の歴史的社会的課題に向き合い、モヤモヤと考える波を起こすきっかけ作り事業」

      沖縄の歴史、社会問題、芸術表現をテーマに若手演劇人のワークショップを実施、「人類館」を上演する。劇作家知念正真の研究家や演劇家などとネットワークの形成をはかり、県内の観衆や演劇家との交流の機会とする。

      採択年度:令和2年度

    • テアトロエスペランサプロジェクト

      「おきなわのすべての人々が舞台芸術にふれて、ゆるやかに楽しむための実態調査と検証およびプログラム開発」

      教育現場等で芸術鑑賞会に関わる教員や、学校公演を行っている実演団体へのヒアリング調査を実施し、広く一般に向けた報告会を行う。将来的には調査結果を基にしたリラックスパフォーマンス作品等の開発をめざす。

      採択年度:令和2年度

    • 株式会社 クランク

      「サブスク時代における沖縄発の音楽プラットフォーム構築事業」

      沖縄の音楽関係者が、海外マーケットへアプローチするために、アジア圏の音楽情報を集積した沖縄発のプロモーション・プラットフォームを構築する。プラットフォーム開設に向け、音楽専門家を招いたワークショップを開催。

      採択年度:令和2年度

(3) 文化芸術資源を活用して地域の諸課題の解決を促進する取り組み

    • まぶいぐみ実行委員会

      「祭祀を記録した写真による地域の精神文化創出に資する事業」

      写真の持つ「歴史の記録」や「現場の眼」に着目し、写真家が1970年代に撮影した祭祀の写真の展示とシンポジウムを通して、精神文化復興をめざす。沖縄島、八重山地域を経て、今年度は久高島で実施する。

      採択年度:平成30年度、平成31年度、令和2年度

    • 川平公民館

      「川平村の祭事を支える古謡等の保存と地域文化の継承に向けた環境整備事業」

      年間26ある祭事を担う川平公民館は、古謡の継承者の育成に向けて、今年度刊行する改訂版「川平村の歴史」を活用し、教習や勉強会を開催。今年初めて公民館員となる移住世帯を加え、次世代へとつなぐ体制づくりをめざす。

      採択年度:平成31年度、令和2年度

    • 公益財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり平和祈念財団立ひめゆり平和祈念資料館付属ひめゆり平和研究所

      「沖縄戦・ひめゆり学徒隊の歴史を海外に伝える展示プロジェクト」

      沖縄戦から75年の歳月が経ち、人々から戦争の記憶が薄れゆく中、世界の人々にひめゆりの展示を通して沖縄戦の実相を伝えていくことをめざす。新しい時代に即応した情報発信の方法を確立していく。

      採択年度:平成31年度、令和2年度

    • 特定非営利活動法人地域サポートわかさ

      「アーティストと開発する社会教育プログラム」

      アートの創造性を活かした社会教育的アプローチで地域の諸課題に主体的に取り組もうとする人々を結び、活動の輪を広げていく。多様な背景をもつ地域住民が相互に関わり合いながら創造的な活動に取り組む。

      採択年度:令和2年度

    • 医療とアートを考える会

      「患者はアーティストになりうるか、職員はどうだ。~県北からアートで医療を後押しする~」

      県内の精神科作業療法の現場でうまれたアート作品をアーカイブし、展覧会やウェブサイト、作品を紹介する冊子などを通じて、作品を社会に広く発信していくとともに、精神医療の変遷を追う取り組み。

      採択年度:平成31年度、令和2年度