OKINAWA ARTS COUNCIL

メールニュースニュース登録

沖縄アーツカウンシルとは ABOUT US

目的MISSION

沖縄は、古来、アジア諸国との交易を通じて多様な文化芸術を受け入れ、沖縄の精神的、文化的風土と融合させることで、亜熱帯の海に囲まれた美しい島々に、独特の文化芸術を育んできました。
文化芸術は、長い歴史の過程で積み上げられ、伝えられてきた英知の結晶であり、人々が心豊かに生き、活力のある社会を築き、世界と友好を深めていく基盤として、本県の発展に欠かせないものです。(沖縄県文化芸術振興条例前文より)
こうした認識に立ち、私たちは、本県の多様で豊かな文化資源を活用した文化芸術活動の持続的発展を図ることを目的に、沖縄版アーツカウンシル機能を導入した「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」に取り組んでいます。

Since ancient times, Okinawa has been exposed to various cultures by trading with other Asian countries. Okinawa has cherished the arts and culture that are unique to these beautiful subtropical islands by assimilating those of other Asian cultures with the ethos and cultural climate of Okinawa.
Arts and culture are the result of ancestors’ wisdom gathered over a long period of time. In order to make a spiritually affluent lifestyle for the people here, to create a vibrant society, and to build friendships with the rest of the world, it is essential that Okinawa Prefecture further develops its arts and culture into the future (excerpt from the preamble to the Okinawa Arts and Culture Promotion Ordinance).
In recognition of the above, and utilizing the Arts Council Okinawa project, we aim to implement the project to establish an environment to support Okinawan arts and culture in order to promote the continued development of artistic and cultural activities, using Okinawa’s rich and diverse culture.

関連する条例・施策

特徴と役割OUTLINE

「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」は、沖縄県から委託を受け、県内の文化芸術団体に補助金を通じて支援を行っています。

Features and Roles of the Project
Designated by the Okinawa Prefectural Government, the project to establish an environment to support Okinawan arts and culture aids art- and culture-related organizations in Okinawa by providing financial support.

沖縄アーツカウンシルは、文化芸術分野の専門家で構成されるアドバイザリーボードを設置し、寄り添い型のハンズオン支援を行うプログラムオフィサーを配置しています。アドバイザリーボードは、事業の選定及び評価・検証、プログラムオフィサーはハンズオン支援や相談業務のほか、県内の文化芸術の活動状況を踏まえた助成制度の構築を行っています。

In consultation with an advisory board consisting of a group of experts in the field, the Okinawa Arts Council provides hands-on support through program officers. The advisory board evaluates and approves programs. Along with providing hands-on support and playing an advisory role for each program, program officers help establish various grant programs depending on each arts and culture activity.

沿革HISTORY

平成5(1993)年度 財団法人沖縄県文化振興会設立

Okinawa Prefectural Foundation for Cultural Promotion established
平成23(2011)年度 公益財団法人沖縄県文化振興会へ名称変更。
沖縄県の組織改革により文化観光スポーツ部が創設される。

Changed system to a public interest incorporated foundation: the Okinawa Prefectural Foundation for Cultural Promotion. Okinawa Prefectural Government underwent organizational reform and the Department of Culture, Tourism and Sports was established.
平成24(2012)年度 文化振興の主要事業として、一括交付金を活用した「沖縄文化活性化・創造発信支援事業」が5ヵ年計画でスタート。

As part of the cultural promotion main project, using government subsidies, a five-year project to support cultural creation and promote Okinawan culture was started.
平成29(2017)年度 「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」が活性化・創造発信支援事業の後継事業として開始され、令和3(2021)年度までの継続を予定している。

The project to establish an environment to support Okinawan arts and culture was set up to replace the project to support cultural creation and promote Okinawan culture, and it has been active since. The project is scheduled to last until 2021.

プログラムオフィサーPROGRAM OFFICERS

チーフプログラムオフィサー
Chief Program Officers

  • 林 恭子(Yasuko Hayashi)

    青森県津軽生まれ。沖縄の風土と文化に魅了され、2003年から那覇市在住。那覇市内で劇場の立ち上げと運営に携わり、映画の宣伝や離島上映会のほか、音楽公演、演劇ワークショップ、市民向け講座の企画制作などを担当。その後、新聞社での取材・執筆・イベントづくりや舞台公演の企画制作に関わる。現在は沖縄民謡唄者のマネジメント業務を時々つとめながら、幼児ふたりの子育てにも奮闘中。遠い目標は沖縄と津軽の文化の融合。
    “書類の作成方法なども、いちから丁寧にお伝えします”

  • 樋口貞幸(Sadayuki Higuchi)

    NPO法人アートNPOリンクの立ち上げに参加、2015年度まで同法人常務理事兼事務局長として、アートNPOの全国ネットワークの構築・調査・政策提言等に取り組む。2004年より大阪市内の造船所跡地でのアートプロジェクト「NAMURA ART MEETING’04-’34」のアートマネジャーを務める。監修・編集・執筆に『アートが拓く、あたらしい大阪〜大阪アーツカウンシルに向けて』、『地域に根差したアートと文化』、『アートNPOデータバンク』等。現在、オフィス・へなちょこ主宰、NAMURA ART MEETING’04-’34アートマネジャー、NPO法人淡路島アートセンター監事、NPO法人舞台芸術制作者オープンネットワークON-PAM監事、大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。
    “NPO法人設立に関するご相談にもお応えします”

プログラムオフィサー
Program Officers

  • 麻生 佐矢香(Sayaka Asao)

    那覇市出身那覇市在住。沖縄県立芸術大学 在学中に多数の展示会に参加。絵本作家の夫を支えつつ、3人の子どもたちと日々奮闘中。2018年までは中学校で美術講師として勤務。出産を機にお休みするも美術に関わる仕事がしたいと活動。自身の制作は気づけば7、8年ブランクがあったものの、最近旧姓で活動を再開しようと考えている。
    “考えている事業や企画等まずはご相談ください”

  • 島袋弥生(Shimabukuro Yayoi)

    広報やPR、イベント運営などのプロモーション業務を経験。課題整理のための調査や分析に携わるほか、観光情報サイト等メディアでの執筆も行う。また、人が行き交う「場づくり」をデザインするインテリア・プロダクトデザイナーとしても活動する。
    “団体やイベントの周知・宣伝、環境づくりなど、ぜひご相談にいらしてください”

  • 高井 賢太郎(Kentaro Takai)

    和太鼓がきっかけで日本の芸能に興味を惹かれる。大学の講義で沖縄伝統芸能に出会い、現在は、琉球舞踊と組踊に携わる

    “実際に芸能活動をしてみて…初めて感じる想いや不安もいっぱい…あなたの文化芸術活動の想いやモヤモヤ…聞かせてください”

  • 真栄城 桃子(Momoko Maeshiro)

    読谷村出身西原町在住。大学時代にミュージカルに出会い、何らかの形で文化と芸術を仕事にしたいと思い活動。2019年3月までの4年間は西原町教育委員会で、さわふじ未来ホールの自主事業の企画運営等に携わる。現在も、西原町の平和事業イベントのプランニングに携わっている。今年は地域芸能祭や食フェスなど、地域が盛り上がるようなイベントを企画中。ちなみに猫歴は7年。
    “支援する側に立つのは初めてですが、頑張りたいと思います!”

新型コロナウイルス感染症対策支援事業
おきなわの文化芸術がふたたび歩み出すための緊急応援プログラム
担当マネジャー
Program Managers

  • 棚原健太(Kenta Tanahara)*文化専門員
    入嵩西 諭(Satoshi Iritakenishi)
    平安山 美香(Mika Henzan)
    吉川牧子(Makiko Yoshikawa)