OKINAWA ARTS COUNCIL

メールニュースニュース登録

沖縄アーツカウンシルとは ABOUT US

目的MISSION

沖縄は、古来、アジア諸国との交易を通じて多様な文化芸術を受け入れ、沖縄の精神的、文化的風土と融合させることで、亜熱帯の海に囲まれた美しい島々に、独特の文化芸術を育んできました。
文化芸術は、長い歴史の過程で積み上げられ、伝えられてきた英知の結晶であり、人々が心豊かに生き、活力のある社会を築き、世界と友好を深めていく基盤として、本県の発展に欠かせないものです。(沖縄県文化芸術振興条例前文より)
こうした認識に立ち、私たちは、本県の多様で豊かな文化資源を活用した文化芸術活動の持続的発展を図ることを目的に、沖縄版アーツカウンシル機能を導入した「沖縄文化芸術の創造発信支援事業」に取り組んでいます。

Since ancient times, Okinawa has been exposed to various cultures by trading with other Asian countries. Okinawa has cherished the arts and culture that are unique to these beautiful subtropical islands by assimilating those of other Asian cultures with the ethos and cultural climate of Okinawa.
Arts and culture are the result of ancestors’ wisdom gathered over a long period of time. In order to make a spiritually affluent lifestyle for the people here, to create a vibrant society, and to build friendships with the rest of the world, it is essential that Okinawa Prefecture further develops its arts and culture into the future (excerpt from the preamble to the Okinawa Arts and Culture Promotion Ordinance).
In recognition of the above, and utilizing the Arts Council Okinawa project, we aim to implement the project to support the creation and sharing of Okinawan culture and arts in order to promote the continued development of artistic and cultural activities, using Okinawa’s rich and diverse culture.

関連する条例・施策

特徴と役割OUTLINE

「沖縄文化芸術の創造発信支援事業」は、沖縄県から委託を受け、県内の文化芸術団体に補助金を通じて支援を行っています。

Features and Roles of the Project
Designated by the Okinawa Prefectural Government, the project to establish an environment to support Okinawan arts and culture aids art- and culture-related organizations in Okinawa by providing financial support.

沖縄アーツカウンシルは、文化芸術分野の専門家で構成されるアドバイザリーボードを設置し、寄り添い型のハンズオン支援を行うプログラムオフィサーを配置しています。アドバイザリーボードは、事業の選定及び評価・検証、プログラムオフィサーはハンズオン支援や相談業務のほか、県内の文化芸術の活動状況を踏まえた助成制度の構築を行っています。

In consultation with an advisory board consisting of a group of experts in the field, the Okinawa Arts Council provides hands-on support through program officers. The advisory board evaluates and approves programs. Along with providing hands-on support and playing an advisory role for each program, program officers help establish various grant programs depending on each arts and culture activity.

沿革HISTORY

平成5(1993)年度 財団法人沖縄県文化振興会設立

Okinawa Prefectural Foundation for Cultural Promotion established
平成23(2011)年度 公益財団法人沖縄県文化振興会へ名称変更。
沖縄県の組織改革により文化観光スポーツ部が創設される。

Changed system to a public interest incorporated foundation: the Okinawa Prefectural Foundation for Cultural Promotion. Okinawa Prefectural Government underwent organizational reform and the Department of Culture, Tourism and Sports was established.
平成24(2012)年度 文化振興の主要事業として、一括交付金を活用した「沖縄文化活性化・創造発信支援事業」が5ヵ年計画でスタート。

As part of the cultural promotion main project, using government subsidies, a five-year project to support cultural creation and promote Okinawan culture was started.
平成29(2017)年度 「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」が活性化・創造発信支援事業の後継事業として開始され、令和3(2021)年度まで実施した。

The project to establish an environment to support Okinawan arts and culture was set up to replace the project to support cultural creation and promote Okinawan culture. The project was finished in 2021.
令和4(2022)年度 環境形成推進事業の後継事業として、「沖縄文化芸術の創造発信支援事業」が開始。令和8(2026)年度までの継続を予定している。

プログラムオフィサーPROGRAM OFFICERS

チーフプログラムオフィサー
Chief Program Officers

  • 上地 里佳(Rika Uechi)

    宮古島出身。大学院でアートプロジェクトの現場に携わったことを機に、東京都三宅島や富山県氷見市にて事務局スタッフに従事。2016年からアーツカウンシル東京での中間支援業務を経て、2021年より現職。
    “事務局運営に関する悩みや企画の壁打ちなど、よりよいかたちを一緒に模索していきましょう!”

プログラムオフィサー
Program Officers

  • 真栄城 桃子(Momoko Maeshiro)

    読谷村出身西原町在住。大学時代にミュージカルに出会い、何らかの形で文化と芸術を仕事にしたいと思い活動。2019年3月までの4年間は西原町教育委員会で、さわふじ未来ホールの自主事業の企画運営等に携わる。現在も、西原町の平和事業イベントのプランニングに携わっている。今年は地域芸能祭や食フェスなど、地域が盛り上がるようなイベントを企画中。ちなみに猫歴は7年。
    “支援する側に立つのは初めてですが、頑張りたいと思います!”

プログラムオフィサー
Program Officers

  • 小川 恵祐(Keisuke Ogawa)

    山形県出身。沖縄県立芸術大学大学院修了。専門は民族音楽学。2017~2022年南城市文化センターシュガーホールにて音楽公演の企画制作や教育事業を担当。並行して琉球芸能や現代音楽、伝統舞踊、現代演劇のプロジェクトに取り組み、2022年より現職。那覇市おもろまち近辺の古民家にてシェアハウス「おもろ荘」を共同運営。
    “文化芸術を営んでいくうえでの苦しみや喜びについて一緒に考えていきたいと思っています。”

プログラムオフィサー
Program Officers

  • 具志 幸大(Yukihiro Gushi)

    那覇市出身。幼少の頃より琉球舞踊、琉球古典音楽を学ぶ。2001~2002年世田谷パブッリックシアター&佐敷町シュガーホール共同製作「音楽劇ふたごの星(原作:宮沢賢治 演出:佐藤信 作曲:中村透 美術:有賀二郎)」出演。2006年舞踊リサイタル開催(国立劇場小劇場・国立劇場おきなわ大劇場)。2008年古典音楽と創作曲による演奏会開催。2021年舞踊リサイタル開催(国立劇場おきなわ大劇場)。これまで12年間にわたり県内の高校生に琉球芸能を指導。
    “沖縄の素晴しい文化芸術発展のため頑張ります。”

プログラムオフィサー
Program Officers

  • 八巻 真哉(Shinya Yamaki)

    愛知県出身。前職では京都府文化スポーツ部文化スポーツ芸術課に所属し、地域文化振興担当として、京都府域展開アートプロジェクト事業や京都府地域文化創造促進事業等のプログラムディレクターを務める。京都府地域文化創造促進事業では、文化活動を支援する専門人材(地域アートマネージャー)を京都府の広域振興局に配置し、それぞれの地域で文化活動を支援する体制を作っていった。
    “今までの経験を活かし、アート(表現)を通して社会と接点を持ち、地域や、さらに地域を越えた人々と関わって行きたいと思っています!”

文化専門員

  • 池畑 陽介(Yosuke Ikehata)

    兵庫県出身。東京で和太鼓の会社に従事。和太鼓コーディネーターとして演奏者のマネジメント、旅行者向け体験プログラムや企業向けチームビルディングイベントの企画運営等に携わる。沖縄に移住後は、旅行雑誌の広告営業を経て、2018年より沖縄県文化振興会で沖縄県芸術文化祭、文化活動支援助成事業を担当し、現在に至る。
    “お話を伺う中で解決の糸口を一緒に見つけていけたらと考えております!”