OKINAWA ARTS COUNCIL

メールニュースニュース登録

トピックス TOPICS

EVENT

2018.09.04 Tue

文化芸術の環境づくりに向けて-沖縄アーツカウンシルを語る-

Presentation&Talk
『文化芸術の環境づくりに向けて-沖縄アーツカウンシルを語る』

沖縄版アーツカウンシル事業の取り組みを通して、県内の文化芸術活動に新しい動きが生まれています。補助事業の概要やアーツカウンシルについてご説明しながら、沖縄文化芸術の持続的な発展に向けた取り組みと、文化芸術団体への支援や活動環境の改善についてチーフプログラムオフィサー3名が語ります。

― プログラム ―
1.補助事業紹介
「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」について紹介します。

2.事業の成果と支援
沖縄アーツカウンシルの支援体制やこれまでの成果について報告します。

3.アーツカウンシルとは?
全国各地に設置されているアーツカウンシル、その目的と役割をわかりやすく説明します。

4.チーフプログラムオフィサーによる鼎談
「文化芸術の環境づくりに向けて-沖縄アーツカウンシルを語る」
スピーカー:野村政之、林立騎、樋口貞幸

― 開催概要 ―
日時:平成30年9月19日(水)15:00~17:30
場所:沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室
申込:メールまたは、電話、FAXにて以下の内容を記載し、お申込みください。
①氏名・②所属・③連絡先

null(PDFでダウンロード)

― 申込先 ―
公益財団法人沖縄県文化振興会
TEL:098-987‐0926
FAX:098-987-0928
E-mail:info-oac☆okicul-pr.jp
   ☆を半角@に変えて送信してください

登壇者プロフィール

野村政之(のむら まさし):チーフプログラムオフィサー
長野県塩尻市出身。大学から演劇活動を始め、公共ホール指定管理者の民間企業社員をへて、2007~2012年こまばアゴラ劇場及び劇団青年団制作部で公演制作・劇場制作・劇場会員制度等を担当。以降、並行して若手演出家、音楽家、アーティスト等との舞台創作や、舞台芸術公演の企画制作、人材育成・研修等の企画運営、調査・執筆・編集などを担う。現在、桜美林大学非常勤講師、NPO法人舞台芸術制作者オープンネットワーク理事。

林立騎(はやし たつき):チーフプログラムオフィサー
新潟県栃尾市出身。専門は翻訳、リサーチ、演劇研究。訳書にイェリネク『光のない。』、共編著に『Die Evakuierung des Theaters』。リサーチ・制作活動に高山明/Port B『東京ヘテロトピア』(東京)『北投ヘテロトピア』(台北)など。現在、京都造形芸術大学非常勤講師、NPO法人芸術公社、ロームシアター京都「古典芸能と現代演劇」シニアリサーチャー、東京都港区文化芸術サポート事業評価員を兼務。

樋口貞幸(ひぐち さだゆき):チーフプログラムオフィサー
NPO法人アートNPOリンクの立ち上げに参加、2015年度まで常務理事兼事務局長として、アートNPO等市民団体の水平的な全国ネットワークの構築、実態調査、政策提言のほか事業支援に取り組む。監修・編集・執筆に『アートが拓く、あたらしい大阪~大阪アーツカウンシルに向けて』、『地域に根差したアートと文化』(ともに大阪府・大阪市)、『アートNPOデータバンク(全シリーズ)』等。現在、オフィス・へなちょこ代表、NPO法人淡路島アートセンター監事、大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。