OKINAWA ARTS COUNCIL

メールニュースニュース登録

沖縄アーツカウンシルとは ABOUT US

目的MISSION

沖縄は、古来、アジア諸国との交易を通じて多様な文化芸術を受け入れ、沖縄の精神的、文化的風土と融合させることで、亜熱帯の海に囲まれた美しい島々に、独特の文化芸術を育んできました。
文化芸術は、長い歴史の過程で積み上げられ、伝えられてきた英知の結晶であり、人々が心豊かに生き、活力のある社会を築き、世界と友好を深めていく基盤として、本県の発展に欠かせないものです。(沖縄県文化芸術振興条例前文より)
こうした認識に立ち、私たちは、本県の多様で豊かな文化資源を活用した文化芸術活動の持続的発展を図ることを目的に、沖縄版アーツカウンシル機能を導入した「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」に取り組んでいます。

関連する条例・施策

特徴と役割OUTLINE

「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」は、沖縄県から委託を受け、県内の文化芸術団体に補助金を通じて支援を行っています。

沖縄アーツカウンシルは、文化芸術分野の専門家で構成されるアドバイザリーボードを設置し、寄り添い型のハンズオン支援を行うプログラムオフィサーを配置しています。アドバイザリーボードは、事業の選定及び評価・検証、プログラムオフィサーはハンズオン支援や相談業務のほか、県内の文化芸術の活動状況を踏まえた助成制度の構築を行っています。

沿革HISTORY

1993(平成5)年度 財団法人沖縄県文化振興会設立
2011(平成23)年度 公益財団法人沖縄県文化振興会へ名称変更。
沖縄県の組織改革により文化観光スポーツ部が創設される。
2012(平成24)年度 文化振興の主要事業として、一括交付金を活用した「沖縄文化活性化・創造発信支援事業」が5ヵ年計画でスタート。
2017(平成29)年度 「沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業」が活性化・創造発信支援事業の後継事業として開始され、2021年までの継続を予定している。

プログラムオフィサーPROGRAM OFFICERS

チーフプログラムオフィサー

  • 林恭子(はやし やすこ)

    青森県津軽生まれ。沖縄の風土と文化に魅了され、2003年から那覇市在住。那覇市内で劇場の立ち上げと運営に携わり、映画の宣伝や離島上映会のほか、音楽公演、演劇ワークショップ、市民向け講座の企画制作などを担当。その後、新聞社での取材・執筆・イベントづくりや舞台公演の企画制作に関わる。現在は沖縄民謡唄者のマネジメント業務を時々つとめながら、幼児ふたりの子育てにも奮闘中。遠い目標は沖縄と津軽の文化の融合。
    “書類の作成方法なども、いちから丁寧にお伝えします。”

  • 樋口貞幸(ひぐち さだゆき)

    NPO法人アートNPOリンクの立ち上げに参加、2015年度まで同法人常務理事兼事務局長として、アートNPO等市民団体の水平的な全国ネットワークの構築、実態調査、政策提言のほか事業支援に取り組む。監修・編集・執筆に『アートが拓く、あたらしい大阪〜大阪アーツカウンシルに向けて』、『地域に根差したアートと文化』(ともに大阪府・大阪市)、『アートNPOデータバンク(全シリーズ)』等。現在、オフィス・へなちょこ代表、NPO法人淡路島アートセンター監事、大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。
    “法人を設立したいけど、どの法人格が向いている?といった法人設立に関するご質問にもお応えします。”

プログラムオフィサー

  • 芦立さやか(あしだて さやか)

    北海道出身。アートスペースや芸術祭等の現場で美術展の企画制作に携わってきた後、2010年に文化庁新進芸術家海外研修制度でニューヨークに滞在し、アーティスト・イン・レジデンスやアーティストのスタジオのリサーチを行う。2011年より、京都市でアーティストのアトリエや発表の機会等をつくる支援団体「東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)」の事務局で勤務。事業に関わる中で広報、助成金申請等も幅広く経験。現在は、那覇市内でアートスペース「Arts Tropical」を運営。
    “現代アートからオルタナティブな活動まで、実践経験を活かしてご相談にお応えします。”

  • 麻生佐矢香(あさお さやか)

    那覇市出身那覇市在住。沖縄県立芸術大学 在学中に多数の展示会に参加。絵本作家の夫を支えつつ、3人の子どもたちと日々奮闘中。2018年までは中学校で美術講師として勤務。出産を機にお休みするも美術に関わる仕事がしたいと活動。自身の制作は気づけば7、8年ブランクがあったものの、最近旧姓で活動を再開しようと考えている。
    “考えている事業や企画等まずはご相談ください。”

  • 島袋弥生(しまぶくろ やよい)

    広報やPR、イベント運営などのプロモーション業務を経験。課題整理のための調査や分析に携わるほか、観光情報サイト等メディアでの執筆も行う。また、人が行き交う「場づくり」をデザインするインテリア・プロダクトデザイナーとしても活動する。
    “団体やイベントの周知・宣伝、環境づくりなど、ぜひご相談にいらしてください。”

  • 平岡あみ(ひらおか あみ)

    東京都杉並区出身。組踊に興味を抱いたことをきっかけに、大学卒業後すぐ沖縄に。与那原町で友人3人、猫1匹と暮らしている。現在、大学院で観光学の研究をしたり、沖縄県青年団協議会の事務局をしたり、イベントの企画をしたりしている。
    “自作の組踊かるたがヒットしないかなあ、などと夢いっぱいの若手です。”

  • 真栄城桃子(まえしろ ももこ)

    読谷村出身西原町在住。大学時代にミュージカルに出会い、何らかの形で文化と芸術を仕事にしたいと思い活動。2019年3月までの4年間は西原町教育委員会で、さわふじ未来ホールの自主事業の企画運営等に携わる。現在も、西原町の平和事業イベントのプランニングに携わっている。今年は地域芸能祭や食フェスなど、地域が盛り上がるようなイベントを企画中。ちなみに猫歴は7年。
    “支援する側に立つのは初めてですが、頑張りたいと思います!”