公益財団法人 沖縄県文化振興会について

公益財団法人への移行のお知らせ

 このたび沖縄県文化振興会は、沖縄県知事より公益認定を受け、平成23年4月1日(移行登記)をもって「公益財団法人沖縄県文化振興会」として 新たにスタートすることになりました。これからも、沖縄県における文化・芸術・学術の振興に、役職員一同、なお一層努めてまいる所存でございます。
今後とも、皆様の一層のご指導とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

目的

(公財)沖縄県文化振興会は、文化、芸術、学術の普及、情報の提供、調査研究、交流等を図り、沖縄県民の主体的、創造的な文化活動を支援するとともに、歴史資料として重要な公文書等の管理を総合的に行い、もって本県の文化、芸術、学術の振興に寄与することを目的としています。

 

設立年月日

平成5年3月8日

 

沿革

H5.3.8  財団法人沖縄県文化振興会設立
     沖縄県文化振興課内に事務所を置く
     事務局長ほか職員8名発令(文化振興課職員を兼務発令)

H7.7.1  事務所を県文化振興課から東町会館へ移転

H8.4.1  組織改編により文化振興部、公文書管理部を設置

H19.4.1  沖縄県公文書館の指定管理者となり、
     事務所を東町会館から沖縄県公文書館内へ移転
     併せて組織改編

H23.4.1 公益財団法人沖縄県文化振興会へ名称変更

H26.6.7 事務所を沖縄県公文書館内から沖縄産業支援センター内へ移転
 

 

基本財産

基本財産 384,256,100円 (平成26年2月1日時点)
   うち設立当初の県出資金 30,000,000円

 

シンボルマーク

(公財)沖縄県文化振興会の顔、シンボルマークについて

logo.gif

海を越えてやってきた新しい文化を吸収しつつ、独自の文化を創造してきた沖縄。このシンボルマークは、先人達から受け継いできた伝統文化を守りつ つ、創造し発展することを願ってデザインされました。丸印を沖縄独自の文化に見立て、文化の受け継がれていく様子を過去・現在・未来を表す3つの波で表現 しています。

 

事業

設置目的を達成するために次の事業をおこなっています。

・ 文化・芸術・学術の普及・啓発事業
・ 文化・芸術・学術に関する調査、収集、記録及び提供等の事業
・ 文化活動等への助成事業
・ 公文書等の保存、調査研究、利活用に関する事業
・ 公文書館の管理運営に関する事業
・ その他、本法人の目的を達成するために必要な事業

 

組織

組織図(H28).pdf

 

アクセス

〒901-0152 那覇市字小禄1831-1 沖縄産業支援センター6階605(公財)沖縄県文化振興会
 電話:098-987-0926 FAX:098-987-0928 MAIL:info@okicul-pr.jp(@は半角)

【公文書館に関するお問い合せ】
(公財)沖縄県文化振興会は沖縄県公文書館の指定管理者ですが、
公文書に関するお問い合せは下記へご連絡いただいた方がスムーズに対応できます。
 電話:098-888-3875 FAX:098-888-3879
 http://www.archives.pref.okinawa.jp/

ページのトップへ戻る