沖縄古謡記録保存事業

古謡とは

古謡の定義は様々ありますが、この事業では、沖縄県内各地で古くから歌われている 神歌、儀礼歌、労働歌、遊戯・雑歌謡、わらべうたなどを総称して沖縄古謡と呼んでいます。

事業内容

沖縄古謡保存記録事業は、専門委員会での決定をもとに、古謡の現地取材および記録をおこなっています。沖縄県内を地域ごとに分け、 平成18?23年度の6年間で事業を実施し、平成24年度はCDの発刊と舞台公演を行いました。

koyo070216.jpg



古謡保存記録事業がマスコミに紹介されました

 沖縄タイムス    平成24年6月19日
 琉球新報      平成24年6月19日 
 八重山毎日新聞 平成24年6月14日
 八重山毎日新聞 平成24年5月19日
 八重山毎日新聞 平成24年3月13日
 琉球新報      平成21年8月22日
 ウチナー紀聞(琉球放送) 平成21年5月17日
 琉球新報      平成20年9月25日
 琉球新報      平成20年6月10日
 沖縄タイムス   平成20年6月4日
 八重山毎日新聞 平成19年10月21日
 八重山毎日新聞 平成19年5月20日
 八重山毎日新聞 平成19年2月23日
 琉球新報      平成18年12月16日
 八重山毎日新聞 平成18年12月11日
 八重山毎日新聞 平成18年12月10日

古謡CDの販売について

CDを販売しています。

詳しくはこちら!

ページのトップへ戻る