平成30年度文化活動支援助成事業の募集について

 文化活動支援助成事業は、公益財団法人沖縄県文化振興会が、沖縄県の文化の振興を図るとともに多様な文化の創出を図るため、県内の文化団体等が実施する文化活動に対して助成を行う事業です。この度、実施規程を見直すとともに、多くの文化団体の強い要望を受けて従来の制度を拡充し、採択数の増加を考えております。

※主な改正内容

(1)補助回数の制限について

 補助金の交付を受けた団体は、その翌年度は助成金の申請が出来ませんでしたが、2年連続まで採択可能となりました。

(2)芸術文化派遣・招へい事業について

派遣型   : 自主的な県外・海外での活動も支援していくために適用範囲を拡充。

招へい型  : 指導者を招へいする事業に加えて、一流の芸術家による実演により芸術体験を提供し、研鑽の機会とする活動等も支援するために適用範囲を拡充。

 

1 文化活動支援助成事業について

 文化活動支援助成事業は、県民が行う美術・音楽・演劇・文学・舞踊・映画・生活文化・民俗芸能など、各種の文化活動に対し助成するものです。規模の大小は問いませんが、本県の文化振興への寄与が大きな条件です。

 

2 助成金額について

 助成金額は、収入や対象外経費を除いた自己資金の範囲で、当財団が定める額になります。なお、助成金額の上限は50万円になります。また、助成金の交付を受けるためには、審査委員会の審査を受け、助成事業として採択されなければならず、申請しただけで助成金がもらえるわけではありません。

 

3 助成の対象となる団体

(1)沖縄県内に住所または活動の本拠地を有すること。

(2)規約を有し、かつ代表者が明らかであること。

(3)会計処理が明確であること。

(4)一定の活動実績があり、事業を完遂出来る見込みがあること。

 

4 助成の対象となる事業種類

(1)自主企画・成果発表事業

 県内の文化団体や各種団体が、県内で行う自主企画による公演・展示事業、または県民に対して日ごろの成果を発表する事業。

(2)芸術文化派遣・招へい事業

 県内の文化団体や各種団体が県外または海外における催し等で公演等を行い、文化の発信と交流を図る事業。または、文化団体のレベルアップのために指導者等を招へいする事業。

(3)芸術文化普及事業

 県内の文化団体等が行う芸術文化を普及する活動で、県民が芸術文化を体験・学習できる事業。または、日ごろ公演等の会場まで行けない児童生徒や施設入居者等を対象にしたアウトリーチが加味される事業。

 

5 対象となる事業の実施期間

 平成30年4月1日から平成31年3月31日の間に行われる事業が対象となります。

 

6 申し込み期間

 平成29年12月18日(月)から平成30年1月19日(金)午後5時まで

 

7 申し込み方法

 (公財)沖縄県文化振興会の発行する平成30年度版「利用の手引き」を参考に、申請書類一式を当財団あてに提出してください。郵便書留に限り郵送でも受け付けます。(締切日の消印有効)

◆利用の手引き( PDF

◆申請書 ( PDF ) ( Word )   記入例 ( PDF

◆実施規程 ( PDF

 

本事業は、沖縄県からの補助金を受けて実施する事業であり、本公募は当該補助金交付決定前の事前準備手続きです。そのため、平成30年度の本事業に関する当該補助金が交付されない場合には、事業が実施されない可能性があるほか、助成上限額等について変更することがありますので、その旨ご了承の上、ご応募下さい。

 

ページのトップへ戻る